2009年10月23日

☆お知らせです---岡崎律子コレクション3について☆

みなさんお久しぶりです。
すっかり涼しい季節になってしまいました。

今日は嬉しいお知らせです!
まだ詳細はお伝えできないのですけれども、
「岡崎律子コレクション3」の出版が可能になりましので
お知らせいたしますわーい(嬉しい顔)手(グー)

以前にもお伝えしたように、
コレクション1,2をつくり、
どうしても、ジャスラックに登録されている
岡崎律子さんの楽曲すべて残したい(全曲集をつくりたい)という気持ちが
自然と沸き上がってきていました。

しかし1と2に収録されていない残りの楽曲は
すべてヤマハ関連の作品で、
通常はヤマハさん以外で出版することはできません。
(教材などは特にそうですね・・・あせあせ(飛び散る汗)。)

ミュージカル「オズの魔法使い」にいたっては
DVDやCDなど市販されているものは何もありませんでした。

でも、やってみないうちから諦めるのは
後悔が残るような気がして、
(やってダメならあきらめもつきますしね。。)
とにかく制作に関わられている作家さんやプロデューサーさんなどを
インターネットで探したり、アプローチしたりして
岡崎律子さんの楽譜を「全曲集として」まとめたいという熱意手(グー)
お伝えしました!

そして、長い年数にわたり、岡崎律子さんと一緒に音楽制作に携わったり
親交の深かった方たちと出逢うことができました。
個人での自費出版という形でもあったので、
最終的にヤマハさんからは出版のご許可をいただくことができました。

そして、多くの方が、この非常に個人レベルの小さな
(でも、中身は壮大なexclamation)企画を
応援してくださり、
現在も、様々な点でご協力をいただいております。

(資料のほうは残念ながらまだすべて揃ってはおりません。
昨日もオークションである作品を落札しました!)

本当に感謝の気持ちでいっぱいですもうやだ〜(悲しい顔)

ヤマハ財団のほうでも前代未聞の話であり(直々にご挨拶に伺う予定です)、
今後このような形での(ヤマハの教材に使用された楽曲を含む)楽譜集が出版されることは
他からもないかと思われます。
どうぞみなさん、貴重なものとなりますので
また、首をなが〜くして待っていてくださいね^^。
(ご予約開始はまだ未定です。)

さて、このブログやサイトを立ち上げ、だいぶ経過しましたが、
楽譜のコンテンツがなかな増えずに申し訳なく思っています。

そもそも、岡崎律子さんの楽譜集をつくるにあたり、
ご利用いただくみなさんに、ご信用いただけるよう
まずサイト(ネットショップ)を立ち上げました。

こちらも以前にお伝えした点ですが、
楽譜集をつくるに至った経緯も、
これまで岡崎律子さんの楽譜集という形で
出版されいてるものがなかったため
(あっても一部の曲だけだったり、今は流通されていなかったり)、
Ritzstarの管理人さんらにご相談し、進めることになりました。

実際には楽譜の制作や出版に関わる業務は多くあるのですが、
ほとんど利益はなく^^;
私自身の岡崎律子さんの音楽を愛する気持ちで
ボランティア的な形でつくらせていただいておりますあせあせ(飛び散る汗)

もちろん、岡崎律子さんを愛しているみなさんへお届けしたいという気持ちもありますが、
たとえば、
100年200年と経った後に、誰かが岡崎さんの楽曲を演奏したり、
唄ったりしたいなと思った時に
楽譜がない><あせあせ(飛び散る汗)
とならぬよう、活用していただけたらという
遠い未来へ向けての願いも込められています。
(そういえばコレクション1の国立図書館への納本はまだしてませんでした・・・。
2と一緒に行ないます><。)

そのため、内容はもちろん、装丁や紙質など、できる限り細かい点にまで
注意を払い、後世に残るものとして、制作してきましたが、
多くの作業を一人で行っており、
一つ一つの行程にかなりの時間を要してしまい、
本当に長くお待たせする形になってしまい申し訳ない気持ちでいます。

お値段も、できるだけ入手しやすいものにしたい気持ちでいっぱいなのですが、
楽譜というものを手元に置きたい人はごく限られた人たちであり、
また、小ロットでの印刷(←高品質ぴかぴか(新しい))となりますと
どうしてもコストが高くついてしまうんです・・・><あせあせ(飛び散る汗)
この点もどうかご理解いただけたら嬉しいですm(_ _)m。

これからもコツコツと頑張っていけたらと思いますので、
引き続き、応援を宜しくお願い致します。

さて、これから、コレクション2の発送ラベルの準備をしますっ^^るんるん
posted by meichis at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Collection(楽曲集)3-diary
この記事へのコメント
楽譜集の制作、ご苦労様です。
そして、3巻目の出版ができるようになったことに、お祝いを申し上げます。
YAMAHA関連の仕事や「オズ〜」については、
岡崎律子さんのサイトで、そうした仕事をなさっているというのを読んで、
「どういう曲なんだろう」と思っていたものなので、
そうしたところが目にできるのは嬉しいところです。
(読んだのは亡くなられた後のことでした)

ところで、3巻目についての要望なのですが、
PCゲーム「symphonic rain」のBGMも収録されたらな
…というのは思っています。
このゲームでは、キャラクターソングのみならず、
音楽全てに岡崎さんが携わっていて、
(ミュージックアクションのデータ作成は多分違いますが)
その中には純粋にインストゥルメンタルの曲として
書かれたのものもありますので、
そうしたものの譜面も見てみたい、
何らかの形で触れてみたいと思っています。
ご考慮いただければ幸いです。

ちなみに、「symphonic rain 愛蔵版」を買うと、
長谷川智樹氏がアレンジしたバージョンも5曲聴けます。
入手は工画堂スタジオのWebショップ、
「OMNISHOP」が確実ではないか、と思います。
https://omnishop.kogado.com:10443/index2.htm

作業量を増やしてしまうような要望で、心苦しいところはあるのですが、
それでもやはり伝えておきたい、
収録してほしい、という気持ちはありますので、
書き込ませていただきました。

それでは、これからもお体には気をつけて作業を進めていってください。
こちらのブログを見ながら、出来上がりを楽しみに待っています。
Posted by TyM at 2009年10月24日 01:00
TyMさん、ご要望をありがとうございます。
「symphonic rain」のBGMの件ですが、こちらは、音楽を実際に聴いて、また曲の使用に関して権利がどこにあるのかをまず確認してからではないと、何もお答えすることができないのですが、通常ゲーム音楽に使用される音楽は、ゲーム会社にどのように使用するかの権利がある(ゲーム会社が作曲家から曲を買い取る)場合が多いので、その場合には、その場合には音源がある、ない、に関わらず出版は難しいかもしれません。

どのようなBGMなのかわからないのですが、For RITZなどに収録されている、岡崎律子さん作詞、作曲ご名義の楽曲の編曲versionが使用されている場合には、ジャスラックに楽曲が登録されているので、使用できる可能性があります。

ただし、ゲーム中のみで使用されている音楽の場合、音源を採譜することが難しいかもしれません・・・><(わたくしは、ゲーム機を所持しておりません・・・^^;。)

この件に関しましては、もう少しお時間をいただき、検討させていただいてからお伝えできればと思います^^。宜しくお願い致します!
Posted by meichis at 2009年10月27日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56788367

この記事へのトラックバック